Creation:快適な環境の維持・管理のため、今要求されているのは専門の知識・サービスです

Support:30年の歴史の中で築いてきた、様々なノウハウが 有形無形の"快適"を創造します。
 

ビルマンションの設備点検

  • 空調設備(ボイラー各種温調機器)
  • 給湯設備
  • 配管系等(配管・バルブ水栓)
  • 消防設備(自火報・スプリンクラー・避難器)
  • 浄水設備(合併処理)
  • 水槽設備(受水槽・高架水槽)
  • ポンプ設備(揚水ポンプ・汚水ポンプ)
  • 電気設備

※消防設備(自火報・スプリンクラー・避難器)

    法律により6ケ月、1カ年ごとに消防設備の定期点検が義務付けられています。

    点検を行なう際、まず必要とされるのが「資格」です。 消防用設備の専門知識を身につけた「消防設備士」または、「消防設備点検資格者」の資格を持つプロ集団が作業を行ない多くの取引先から信頼を得ています。

    また、点検と同時に建築図面に防災システムを組み込んでゆく防災設備の設計施工も行っています。 ”常に安全を考え、皆様が安心できる環境”を_ それが私たちプロとしての誇りです。